スポンサーサイト
--/--/-- --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TOP
 ダイニングが本だらけ!?
2011/09/27 10:41 | 編集
急に肌寒くなってきましたね~。。
私も慌てて子供の長袖を
引き出しの奥から引っ張りだしました。


ところで、子供部屋に2段ベッドも入り
部屋作りは少し落ち着いてきましたが・・


以前の子供部屋に
雑然と置いてあったこの本棚↓
どこいった???
って気にして下さった方、いますか??

DSC_05730.jpg



その答えは・・

DSC_10760.jpg

「ダイニング」でした~!!


こんな事もあろうかと
カウンター下に収納も造らず、
壁側に飾り棚の一つもおかず、
シンプルにしていた甲斐がありました。(笑)


棚を買ったり、収納を造ると
確かに便利だけど圧迫感も出るし
子供の成長とともにインテリアも
使いやすく変化していかなければならないので、
その変化に対応出来るよう
大きい家具を置く事は極力控えてます。


現在LDKとしての見栄えはイマイチですが、
ダイニングでお茶しながら
すぐに本が取れるというのも
実は結構便利だったりして。。


でももちろんこの本棚達、
このままってワケではないですよ~♪


いよいよ、前の記事でも構想を練っていた
“和室リフォーム”
着手し始めました。


リフォームして
子供の勉強スペース&書斎に出来たら
そちらに本棚を移動する予定。
すでに見積りを取って施工会社も決めて
動き始めています。


今回リフォームにあたり
和室→洋室(ウチはDEN)にするための勉強をしようと
ネットを色々検索しましたが、
具体的な事例や内容があまり出てこない。


リフォーム例としては多いみたいなので
Before→Afterの画像はよく見かけますが、
それだけ。


なので、これから和室リフォームの記事を
書ける範囲で、
私のプランや苦悩!?(笑)なども交えて
書き綴っていけたら・・と思います♪


▼ 応援クリック頂けると本当に励みになります♪ ▼

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
インテリア | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP
 キッチンのベビーゲート
2011/09/20 10:02 | 編集
前回もベビちゃんのセーフティーグッズを
色々と紹介しましたが
今回はキッチンのゲートです♪


長男の時は社宅に住んでいたので
昔ながらの古いキッチン。
入り口も何もなく
180度オープン状態のため
扉の一つ一つにストッパーを付けてました。。


今のキッチンは
入り口にゲートを付ければ済む造りなので
お料理しやすくて助かります。



まずは、ゲートを付ける前。

【Before】
DSC_09510.jpg



ベビーゲートも様々なデザインの物が出ていますが、
私の希望は「色がホワイト」であればOK!
他には特にこだわりはありません。
とにかく違和感がないシンプルな物を探しました。


白って結構あるのかなぁと思いきや、
全部が真っ白ってあまり無いもんですね。。



私の候補は・・

【日本育児】キックdeゲイト


【ミズタニ】ベビーゲート・ネージュ


【ミズタニ】木製パーフェクトゲート
ホワイトセレクトtypeS


どれがイイかは実際使ってみないと分からないので、
商品のレビューをよくチェック!!
が、賛否両論で余計に迷う~~。。


読み進めると、どうやら「ミズタニ」の方が
良さそうだったので、下の2つが最終候補に。
ほとんど造りは一緒なんだけど
材質が違う。


真ん中はスチール製で、下は木製。
スチールの方のレビューを読むと
「思ったより色が青みがかってる」という
意見が多かったので、
色味の点から私は一番下の
「木製パーフェクトゲート ホワイトセレクトtypeS」
を選びました~♪



付けるとこんな感じです。

【After】
DSC_10690.jpg



天然木って分からない・・という
レビューもありましたが、パッと見はそうかも。
でもベビちゃんがギューッと握りしめるから
触った感じに温かみがあるこっちで正解かな!?
色味も確かにスチール部分は青っぽい??

DSC_10710.jpg

写真が分かりづらいかもしれないけど
柵の一番右側だけがスチール製で
他の部分は木製。
ALLスチール製だったら、青々としたホワイトで
わが家ではちょっと浮いたかもしれません。



90度に開くと、開きっぱなしで止まります。
DSC_10680.jpg

開けたら自動でしまるし、どちらにも開放OK。
ゲートを閉める時の「ガチャン」という音は
ちょっとウルサイです。
まぁ慣れればどうって事もないですケド。


あと、ゲートを付ける向きは
どっちでも大丈夫。
付ける幅が広くても拡張パネルを取り付ければ
対応可能です。
(でも購入の時は、ちゃんと調べて下さいネ!)



つまずき防止ステップもあって
両側でも片側だけでも取り付け可能。
DSC_10720.jpg


今のところ、ウチの怪力!?ベビちゃんが
柵を握りしめてつかまり立ちをしながら
ガンガンガンッとやってますが(笑)
壊れたり外れたり・・って事はないですヨ♪

▼ 応援クリック頂けると本当に励みになります♪ ▼

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気blogランキングへ

キッチン | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
 ベビー仕様のインテリア
2011/09/15 17:09 | 編集
早いもので、次男が明日で1才になります。
私にとっては規格外!(笑)の3710gで誕生し、
おかげさまでスクスクと成長しています。


出だしから大きかったので
現在は軽く10kg超え。。
体が重いせいか、まだ歩きませんが
最近は片時も目を離せないほど
ちょこちょこ動きだして大変デス~(××)


社宅時代に長男のためにも準備した
ベビちゃんを守る
さまざまなベビーガードのアイテム。
引っ越しの時にすっかり捨ててきたので
また一から買い直しです。



まずは、危なっかしいこのガラステーブル。

【Before】
DSC_08801.jpg

ガラス自体危ないし、
角はもちろん、ハイハイで来ると下からもぶつかる・・
全方位危険なので、天板と脚の部分を分けて
納戸に撤収。



そして実家から
いらなくなったIKEAのテーブルをもらいました。

【After】
DSC_10550*



テーブルのコーナーに
ビーンズ型の保護クッションを付けて・・

DSC_10590.jpg

四隅以外にもクッションを付けるかは検討中。
今のところ大丈夫そうだけど、どうかな??
とりあえず、あと2~3年はこのテーブルかしら・・??



お次は、TVボード。
DVDを見る時に扉を開けると、
ものすごい嬉しそうな顔をして突進してきます。
とにかく触らないでほしい所ばかりに
興味津々で大変!!

DSC_10610.jpg



アップで見ると・・
DSC_10620.jpg

それぞれにストッパーを付け、
透明タイプのクッションも装着しました。
なるべくインテリアに馴染むよう
目立たない物をチョイス!!



ベビーガードのアイテムは色々出てますが、
私はおもに「Richell(リッチェル)」という
メーカーの物を使っています。



いつも赤ちゃんホンポで買うんですが
見比べた結果、ここのメーカーが一番白いような・・・
ホンポオリジナルの物とかは、それなりに安いんですが
微妙に黄味がかってたりして。


ガードのクッションを透明にしたのは
「白」として売っている物が
アイボリー系(ベージュに近い?)ばかりだから。
真っ白じゃないなら
透明の方が目立たないだろう・・というのが
その理由。


透明タイプは、ダークなインテリアや
木目調のナチュラルインテリアの人にも
色を合わせる必要がないからオススメです♪



TVボードの横には、
ハイローチェアが鎮座。

DSC_10740.jpg

ユラユラと揺れるので、その揺れで寝かしつけながら
ちょっとしたねんね。
あとは、お食事や
洗濯を干す時にベランダ側に向けて使ったり
お掃除の時にも活躍。
でも、以前に比べたら使用頻度は減ったかな~。。



あと、長男がずーっと使っていた
トリップトラップ
最近、「ママパパと同じイスで食事したい!」と
言い出したので、
こちらもベビちゃん仕様にチェンジ♪
昔使ってたガードとクッションを付けて、
高さも変えました。

DSC_10850.jpg

離乳食をあげる時
しばらくハイローチェアの方を使ってましたが、
3回食になって食べるタイミングが同じになってからは
こちらのトリップトラップに座らせています。


ガードやクッションのデザインも
今は沢山の柄や種類がありますね~♪
6年前はあんまり選べなかったけどなぁ。。

 


キッチンのゲートも紹介したいのですが
またまた記事が長くなってしまったので、
こちらは次回に持ち越しますね~♪

▼ 応援クリック頂けると本当に励みになります♪ ▼

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気blogランキングへ

インテリア | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP
≪BACK | HOME | NEXT≫

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。