観葉植物
 スポンサーサイト
--/--/-- --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TOP
 壁をペイント【ペンキ&色選び編】
2011/07/17 11:02 | 編集
ではさっそくペンキ選びに
いってみたいと思いま~す♪


まず、色味ですが
私の希望は「ブルーグレー」。
ブルーは息子が大好きな色だし
成長しても違和感の無い
グレーがかった色味が理想。
イメージはあるけど、参考にした本で
コレ(☆。☆)!と思うのはありませんでした。


また、どこをどういう風に塗るかで
塗料選びも違ってきます。


今回は室内で壁紙の上から塗るので
それに適した塗料を選びます。


ちなみに海外のお部屋は、壁紙をはがして塗る・・
というパターンが多いみたいですが、
うまく壁紙をはがせる自信がないし
手間も一つ増えるので
壁紙の上に直接ペイントする方法を選びました。
(壁紙の上からならいざという時はがせば良いので気楽)


探してみると、専用の塗料が沢山出ていて
迷ってしまいます。


私がこだわったのは
子供の寝室なので、自然素材である事。
匂いがない・・という点を
特にチェック!!



【候補1】


シャビーシックな色に惹かれました。
ネットで色見本は多く出ているけれど
ちゃんとペイントされた色を見たかったので
カントリー工房リトルフィールドさんで
色見本を取り寄せましたよ~♪

DSC_08010_20110715102733.jpg


ネットでもかなり近い色味で再現されてるけど
実物はやっぱり違う・・
「#5-9 Dressing Table Blue」という色をねらって
取り寄せてみましたが
私が求めている色より若干グリーンがかった感じかな!?




【候補2】


69色もあって色数が豊富。
壁紙の上から塗るのに最適らしいです。


私は「赤ちゃんの産着」「雨の日の憂鬱」
あと名前にひかれて「ロイヤルミルクティー」
3色を取り寄せました。

DSC_08000.jpg


A5サイズで
壁紙の上から塗ってある見本なので
非常にイメージしやすいです。
有料ですが、30円で送料も安いので
後で「イメージと違う~」と
ショックを受ける事を考えたら
取り寄せる価値アリ!!




【候補3】


なんと基本色200色。
塗料のお値段もお手頃で、
必ず気に入った色が見つかりそう・・
DSC_08060.jpg



さすがの200色。
ホワイト系だけでもかなりの色数です。
ヴィヴィットな色も豊富。
DSC_08070_20110715102840.jpg



私は、この辺の↓ブルー系の色が
イイなぁと思いました。
DSC_08130.jpg





【候補4】


いよいよ真打ち!?
「FARROW&BALL」の登場です。
8年前くらい?にリビングセンターOZONEで
ここのショールームを見た時
「こんな微妙な色合いのペンキがあるんだ~」と
衝撃を受けました。
その時は「壁をペイント」するなんて
思いもしなかったケド
機会があったらいつか・・と思ってたので
感慨深く(笑)見本を取り寄せました♪


インテリア本でも、F&Bの塗料は
よく出ているのでご存知の方も多いですよね。
DSC_07740.jpgDSC_07820.jpg


さすがプロも愛用するだけあって
色数が多いだけではなく、発色も絶妙です。
ブルー系以外でも塗ってみたいと思う色が沢山!

やっぱり色出しはココが一番好みだわ~(*^_^*)




そして色々悩んだ結果、
F&Bの「PARMA GRAY」という色に決めました。
(上から4番目、左から3番目)

DSC_07950.jpg


決め手は、2段ベッドを買ったお店でも
イエロー系の素敵な色で壁をペイントしてあって
「どこの塗料ですか?」と聞いたら
やっぱりF&B。
前からの憧れもあったのでコレに決めました♪


多くのメーカーから見本を取り寄せて
手間もお金も少しかかりましたが、
「これだけ見て決めたんだ!」と思うと
後悔なくペイント作業に入れます。
「あ~もっと調べれば良かった~(>_<。。)」と
思いがちな性格なので(笑)
本当に良かったと思ってます。



あと、色を決めた時の
自分なりのポイント。
それは〝さまざまな時間帯の光で確かめる〟こと。


候補2のイマジンの色見本以外は
どれも小さなカラーチップのみ。
広い壁一面にペイントした状態をイメージするのは
素人にはかなり難しい・・・


朝から昼にかけての自然光や
夕方の西日、夜電気をつけた状態・・と全ての時間帯に
色見本を壁にかざし、近くからと遠くからでチェック。
特に遠目から見るのは重要!


「自然光だとかなり暗く見えるなぁ」とか
「電気付けると黄色っぽくなる」とか
「この色、実は薄くて塗った感じしないかも・・」
など発見がありました。


この作業によって、
微妙な色の違いで迷ってた部分が
解消されたかな~と思います。


かなり長くなってしまいましたが、
ペンキや色選びの参考になれば幸いです。


次回は道具を紹介しますネ♪

▼ クリックして頂けると励みになります ▼

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気blogランキングへ FC2ブログランキング

インテリア | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
≪BACK | home | NEXT≫













 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://hanauta07.blog110.fc2.com/tb.php/301-549c81ef
≪BACK | HOME | NEXT≫

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。